FXはじめ
友達と飲み過ぎて資金があんまりないんだけどFXって始められるの?

コマたん先生
FXは少額投資ができるズラ。1万円からでも始められるズラ

最近は副業特集などもあり、FXや仮想通貨などの投資も認知が高まってきました。投資は資金力がモノをいうところがありますが、FXは少額から取り組むことができる初心者向けの投資の一つです。しかし、少額で取り組める=少額で莫大な利益が得られるという意味とは少し違います。少額ではやはり取れる手法や稼ぎ方に工夫が必要です。今回はまず1万円を軍資金としてFX取引を行う際の注意点やおすすめ方法などについてまとめてみました。

FXの最低取引金額はいくら?

そもそも、FX取引を行うために最低限の金額は使うFX会社によって異なりますが、レバレッジをかけられることを考えれば数円でも取引可能です。1ドルは100円少々ですので、4円ほどあれば最大25倍のレバレッジがかけられて購入できます。ただしこれはあくまでも理論上の金額であって、最低取引単位を考えると最低でも数千円はかかります。

また、必要最低限の金額が用意できれば良いかといえばそうでもありません。最低限の金額では余裕がなく、利益を得るのは困難となります。少額取引といっても現実問題として数万円は用意したいところです。最初は用意できなくても、まとまった金額で取り組むことでリターンを大きくできることは覚えておきましょう。

しかしながら、少額取引のメリットも見逃せません。少額だからこそ高額な取引に比べて損失が小さくて済む利点があります。損失が小さくて済むということは、精神的負担が小さくて済むということでもあります。心に余裕をもって取り組めるのでFXの取引経験を積み重ねることができます。トレードは慣れないと失敗することも多いので、慣れるまでは少額取引がおすすめです。

また少額取引の良さとしては、分散投資もしやすいということです。初心者は取引の慣れとともに、それぞれの通貨ペアの値動きに慣れる必要もあります。少額取引であれば、いろんな通貨ペアをお試しで取引できます。その中から自分に合った通貨ペアを見つけたりできるので、最初は少額取引のメリットを生かしてFXに取り組むのがおすすめです。

1万円の少額取引で儲ける方法

少額取引といってもさまざまですが、1万円でFX取引を始める場合リターンを得るにはそれなりの工夫が必要です。損失が小さいということは得られる利益はどうしても限定的になります。

まず、FXは少額取引が可能ですが、利用するFX会社によって最低取引金額は異なります。それゆえ、少額取引が可能なFX会社に口座開設する必要があります。日本国内には複数のFX会社がありますが、少額取引で有名なのはSBIトレードやマネーパートナーズがあります。

また、上述の通りレバレッジをかけることができるとはいえ、元手が1万円では得られる利益も限りがあります。したがってスワップポイントを狙うといった中長期のリターンではなく、売買を繰り返すことで得られる利益を積み重ねていく必要があることを理解しましょう。コツコツと売買を繰り返して元手を福利で増やしていくことを主眼としたトレードがスタートということを肝に銘じましょう。

そして、1万円の少額取引でスタートするということは売買する通貨ペアも限りがあるということです。日本円よりも信用力の落ちる通貨はそもそも最低取引通貨単位が大きく設定されていることが多く、1万円では取引できないことが多いです。できる取引も限定されるので、その範囲内で取引するしかありません。取引対象の選択肢がないことも覚えておきましょう。

その上で1万円の少額取引で儲けるにはレバレッジ効果をしっかりきかせる必要があります。ただし日本国内の認可を受けているFX会社でかけられるレバレッジは最大で25倍です。したがって1万円の元手に対して25倍がMAXなので25万円分の取引が可能です。ただし、最初から25倍をかけるのは損失が大きくなる可能性もあるので、少なくともトレードに慣れるまではレバレッジを大きくかけるのは避けるのがおすすめです。

とはいえ、1万円によって利益を大きくしていくにはレバレッジをかけて資本効率を高める必要があります。また、売却益によってリターンを積み重ねて複利効果を使って元手を増やすのが王道です。まず1万円を2倍の2万円、2万円をその2倍の4万円に・・・という倍々ゲームで増やしていく方法です。これを繰り返していけば、いずれ100万円、200万円と元金を増やしていけます。

しかし、いきなりFX取引で1万円を2万円にはできません。1万円の元手で取引できる通貨ペアの代表として米ドル/円(USD/JPY)がありますが、この通貨ペアのスプレッド(金利差)は0.001%程度なので1回の取引で得られる利益は数十円〜数百円程度です。

そこでこの小さな取引を何度も繰り返すことになります。細かに数秒〜数分で取引するスワッピングで、コツコツと利益を積み重ねていきます。最近はスマホ一つで何度も取引できるので、昼間に会社に勤めていても朝夜の時間やお昼休みなどで稼いでいるトレーダーは何十回とトレードをします。地道な作業になりますが、一番元手を大きくするための近道になります。

1万円の少額取引で儲けるのにおすすめの通貨

先ほどから述べている通り、1万円の少額取引でできる取引には通貨ペアの制限もあり限られています。元手が小さいうちはできる範囲の投資で利益を積み上げることに専念しましょう。まず最初に手をつけるべき通貨ペアは米ドル/円(USD/JPY)です。

米ドル/円の良いところは、国内のFX会社であればどこでも取り扱いがあることです。また売買手数料も流通量が多いので他の通貨ペアに比べて安くて低コストで取引することができます。もっとも取引されている通貨ペアなので、FX取引の値動きに慣れるためにも米ドル/円をやってみるのがおすすめです。スプレッドが狭い分、リターンが小さいのが難点ですが、その分取引回数を増やして勝率を高めていくのが元手を増やしていく必勝法の一つです。

最近は多くのFX会社で最低通貨単位が下がってきており、会社によって高金利通貨も数千円から取り組めるようになっています。それゆえ、米ドル/円で慣れてきたら他の通貨ペアも視野に入れてリスクヘッジをすると良いでしょう。複数通貨に投資することで、ある通貨で損失が出ても他の通貨で利益が出るといったことが起こり、結果負けにくい取引が可能となります。

米ドル/円の次にトライしたいのがユーロ/円(EUR/JPY)です。米ドル/円と同様にどこのFX会社でも取引があり、スプレッドも狭いのが特徴です。ユーロは米ドルの次に取引量が多い通貨なので取引に慣れてくれば価格の値動きを把握しやすいメリットがあります。

ある程度資金が大きくなってきたら、金利差益を得るスワップ運用を検討しても良いでしょう。基本的に初心者におすすめなのが海外通貨/円の通貨ペアです。日本で取引する際に日本円以外の取引となると情報量などが圧倒的に減ります。FX取引を始めるとさまざまな通貨ペアに触れたくなりますが、最初は少額取引が基本なので通貨ペアは絞って取引をしましょう。

1万円の少額取引での際に気を付けること

1万円の少額取引では、資金力がある取引とは異なり、注意点がいくつかあります。取引対象が限定されることなどすでに説明しましたが、元手が少ないので手数料などのコストにもしっかり目を向けておかないとなかなか勝率を上げられません。最近のFX会社では取引手数料が無料のところもあるので、取引するFX会社は慎重に選びましょう。

また、FX取引の魅力はレバレッジをかけて投資効率をあげられる点にあります。最大25倍のレバレッジがかけられるのが大きな利点なのですが、これはあくまでも可能な倍率というだけであって、実際にかけられるレバレッジは取引をする投資家が自由に25倍かけられるわけではありません。

実際、トレードにおける投資家の証拠金と保有ポジション数、通貨ペアの価格によって実際のレバレッジが計算されます。この実際のレバレッジのことを実効レバレッジと呼びます。1万円が元手で証拠金が小さい場合はかけられるレバレッジも小さいということを覚えておきましょう。

そして、日本では投資家保護の観点から、強制ロスカット制度という仕組みが働きます。強制ロスカットとは、損失が拡大して証拠金維持率が一定の水準を下回ると発動します。全投資家に適応されており、強制ロスカットが発動するとポジションが全て自動的に決済されます。したがって買いポジションにしろ売りポジションにしろ証拠金維持率が下回るとポジションを保有し続けることができません。自分の思う通りに取引ができるわけではないということです。

もし強制ロスカットを避けたいならば証拠金を一定水準維持する必要があります。つまりレバレッジを大きくかけると強制ロスカットの回数が増えることになります。レバレッジとの距離感が利益をあげるために重要となってきます。強制ロスカットの比率はFX会社によって異なるので、こちらもFX取引を始める前に確認しておきましょう。

さらに、強制ロスカットとともに気をつけておきたいのが、追加証拠金です。レバレッジを大きくかけすぎるとロスカット前に追加証拠金を入金するよう求められることがあるので資金管理は少額取引といえどもしっかり把握する必要があります。

まとめ

FXはレバレッジをかけることができ、大きく稼げることがよく取り上げられる投資の一つです。しかしながら、少額取引であれば、1回の取引で得られる利益は小さいものですし、利益を大きくするためには地味な作業を必要とします。取引数を増やさなければいけないので、スキマ時間などをFXに利用する必要性もあります。世間の印象とは異なりトレードとなるため、そういったコツコツやる投資が向いていない人はFXには向いていないといえます。

FXの少額取引は誰でも始めることができますが、続けられるかどうかは別問題です。向き不向きも含めて、少額取引と向き合う必要があります。

おすすめの記事